火災保険|暮らしグループ

火災保険について
まだ知られていないこと

「火災保険は火災でしか保険がおりない」 と思われていませんか?

実際には、火災保険は風雪水害、雷、氷、など、「自然災害」にも広く適用することが可能であり、賢く火災保険を活用することで家計に負担をかけず住まいの修繕を行うことができます。 近年は、「特に問題は無い」と思われていた方も、専門機関への査定を出すと80%以上の確立で災害認定がおり、火災保険受給対象であることが判明しています。 一般的な住まいの修繕は数十万円~数百万円の費用となりますが、専門の査定を出すことでこの費用を保険に負担してもらうことができるのはどの家庭にとっても大きなメリットと言えますが、多くの方が火災保険のことを知らないため損害をそのままにしていることが多いのです。 まずは本当にダメージを受けている箇所が無いかどうか、弊社にて無料で査定を行わせていただきます。申請書類や専門機関による審査の対応なども弊社スタッフがサポートさせていただきますので、どうぞご安心ください。

屋根修理に火災保険を使用しても
保険料は上がらない

一般的に自動車保険などの場合は同じ補償内容でも、その人の保険の利用状況に応じて保険料に差が付きます。また、保険を使用すると等級が下がり翌年からの保険料が上がってしまうというデメリットがあります。 しかし、火災保険の場合は何回でも申請することができ、保険適用後も自動車保険のように「保険料が上がること」が一切ありません。 屋根修理に火災保険を使用する場合、申請から保険金入金までの期間が最短2週間~2ヶ月程度の期間や申請書類の準備が必要となりますが、弊社スタッフにてサポートをさせていただきます。 火災保険のもう一つのメリットとして、申請した結果保険適用されなかった場合でも「保険上のペナルティーなどは発生しない」という点がありますので、建物の損害を放置して二次被害を作りだす前に早めのご対応をお薦めしています。

火災保険申請から
工事着手までの流れ

  1. step 1
    ご相談・問い合わせ
    まずは、お電話かお問合せフォームからご連絡ください。その際、火災保険を利用したい旨伝えていただければ、専門知識豊富な専門スタッフが対応をさせていただきます。 ご自宅のみでなく、物件をいくつか保有されている場合でも、まとめて対応することが可能ですので、遠慮なくお申し付けください。
  2. step 2
    申請書類の準備・提出
    専門スタッフのアドバイスのもと、請求に必要な申請書類をご準備いただき、提出していただきます。ご不明点などございましたら、どうぞご遠慮なくご質問ください。
  3. step 3
    保険会社が第3者機関を派遣し、現地調査を実施
  4. step 4
    現地調査の結果に基づいた支払額の決定
  5. step 5
    保険金の受領
    申請から保険金入金まで、スムーズにいっても最短2週間~2ヶ月程度かかります。
  6. step 6
    保険金を修繕費として工事開始

修理業者選びが大きなポイント

台風などの風災で物が飛んできて窓が割れた、雪の重みで車庫の屋根がつぶれたなどの損害が生じた時、契約者自身は、修理にかかる費用を決めることはできません。 また、最初から保険金額をあてにして修理業者が明らかに予算をオーバーする見積もりなどを出してくるケースなどもあります。 適用される金額によって修繕可能な箇所が大きく関わってきますので、信頼のできる業者をお薦めしています。 選び方については、以下のような業者がオススメです。
  • 地元で評判が良い、悪い噂を聞かない
  • 火災保険を使った工事をしたことがある
弊社では経験豊富なスタッフがお客様の保険申請から工事開始~納品までをきっちりとサポートさせていただきます。 保険に関することだけでなく、住まいに関することならなんでもご質問ください。 まずは弊社の無料の査定からスタートしてみませんか? ちょっとした疑問や、技術に関する質問は、お気軽に!