外観塗装|暮らしグループ

外観塗装の重要性

外観塗装の役割は、色合いによって建物のイメージを作り出すことだけではなく、屋根と同じように、雨風から内部建材を守る「建物の保護機能」としての役割があります。 砂埃の堆積によっての色合いの劣化や、経年変化によるヒビ・はがれなどにも定期的にメンテナンスを行うことで十分に対応していくことができます。

簡単なセルフチェック
「チョーキング」

使用されている材質にもよりますが建物の外壁を手で触ったときに、塗装が粉のように手に付着する現象を「チョーキング現象」と呼びます。 チョーキング現象が起こっている状態ですと塗装が簡単にはがれやすくなっている状態であり、塗り替えのサインとなります。 また、当時の塗装直後と比べても色合いにくすみがかかり、住まいの外観イメージが少なからず暗くなっていたり薄汚れてしまっているケースがほとんどです。 定期的な点検を行うことで大規模な塗装の塗り替え工事を必要とせず、部分的な施工や洗浄のみでも十分に対応できるケースもありますので、弊社では住まいの外観をまずセルフチェックして確認してみることをお薦めしています。

外観塗装を綺麗に保つことで
住まいの耐用年数をアップさせる

築年数がある程度経過している場合に限らず、外観塗装を良好な状態に保つことで住まいの保護機能を十分に高めることが可能です。 タイルのような外見のサイディング外壁もコーキング(シーリングと同意義)部分が劣化することでずれやヒビが生じやすくもなります。 これらの住まいの外壁に起こりがちな問題を早期に解決することで気持ちの良い暮らしをご提供させていただきます。 質感や色合いにこだわりがある場合でも弊社スタッフが親身になりご相談をお受けさせていただきますので、外観のイメージチェンジやメンテナンスのご希望がございましたらお気軽にお申し付けください。